臨床現場で歯根破折が増えています。 歯根破折はメタルポストコア装着歯に多く、それも装着後10年以上の長期経過後に発症が見られます。8020推進財団による我が国の抜歯理由において、破折による抜歯は2005年時調査の11%から2018年は17.8%に上昇し、口腔衛生の良好なスウェーデンでの30年間の抜歯理由はう蝕7%、歯周病5%に対して破折は62%(2004年)と大変高くなっています。歯根破折を起こさない支台築造法の確立、歯根破折の治療法確立、定期検診での早期診断と術後管理など総合的に対応していく必要があります。当院では1982年から故眞坂信夫先生が歯根破折歯保存に取り組み続け、口腔内接着法から始まった破折歯接着保存は、口腔外接着法、MSB歯周パックの開発、回転再植法による歯周組織再生法の導入へと展開しました。当院における約40年に渡る歯根破折保存への取組み
から、患者様の期待を裏切らない適切な診断と実技、術後の管理を指導させていただきます。

 

講師 眞坂 こづえ (歯科医師)

1988年04月 東京医科歯科大学歯学部歯学科 入学
1995年03月 東京医科歯科大学歯学部歯学科 卒業
1995年04月 東京医科歯科大学大学院歯学研究科
       (口腔外科学専攻)博士課程入学
1999年03月 同上 修了(歯学博士)
1999年04月 東京医科歯科大学歯学部附属病院
第二口腔外科リサーチ・アソシエイト(特別研究員)就任
2000年04月 東京医科歯科大学歯学部附属病院
       インプラント科専攻生 入局
2003年03月 同上 修了
2003年04月 東京都小金井市 ヒロ歯科勤務
2005年04月 医療法人社団歯生会 眞坂歯科医院勤務
2016年12月 日本接着歯学会認定医取得
2018年04月 日本接着歯学会評議員


講義内容

1.歯科医療の質を上げ、医院経営の向上を目指すために「保険・自費併用がきめて!眞坂歯科医院解説50年の診療経験の中で構築された、患者がうなづく治療計画提示システム」
2.破折歯保存治療は「一歯一生・一生一歯」のおつきあい
3.40年に渡る、371本の破折歯接着保存治療の治療成績
4.破折歯保存治療を成功させるCT診断
5.歯折歯保存治療の実際  type別治療法・難易度・必要機材
6.歯根歯折させないi-TFC・根築1回法解説
7.補綴が入ってからが本番!定期検診 変わりゆく咬合のマネージメント

実習項目
(実技材料などはお送りいたします・要返却・実習キットはページ下有)

@破折歯口腔外科接着法実習
AMSB歯周パック実習
Bi-TEC・根管1回法デモ
※実技材料などはこちらにて準備してお送り致します。
※終了後、弊社潟gータルサポートOTAに送り返してください。

日程 2022年8月7日(日) キャンセル待ちです。
時間 10:00〜16:15
対象 歯科医師
定員 8名
(定員に満たない場合は、開催を中止する場合があります。予めご了承ください。)
費用 歯科医師1名    38,500円(税込)
※材料費
会場 Web お申込みは開催日の14日前まで。
主催
お問合せ
下記のお申込ボタンより、お申し込み下さい。
お申込み後、弊社よりご連絡致します。
株式会社 トータルサポートOTA

TEL:092-692-4747 FAX:092-692-4748
MAIL:totalsupport@ts-ota.com
 

印刷をしてFAXでお申込みください。
 

Copyright(c) 潟gータルサポートOTA All rights revered